中学部

鳥西・鳥東高校合格のための徹底指導

高校入試で志望校に合格するためには,中学3年生になってから毎月のように実施される校内模試や実力テスト(5教科250点満点)で受験可能とされる基準点をクリアしておかなければなりません。
直前に詰め込めば点数が取れる中学校の定期テストとはちがう「鍛え」が必要です。受験学年の3年生になっても定期テストの勉強の仕方が抜けきれず,点数や順位が伸び悩む傾向が見受けられます。
進学塾 Beeゼミナールでは,中学1・2年生の段階から,教科書内容や学校進度にとらわれない先取り学習で「鳥西・鳥東合格のための学力」さらに「高校入学後も活きる学力」を身につけるために『実力主義』の指導を行います。

塾生どうしがたがいに切磋琢磨し合えるクラス編成

進学塾 Beeゼミナールは,やる気と粘り強さをもった子どもが学力を伸長させるのに最適な指導こそ「集団授業」にあると考えています。子どもたちが互いに刺激し合いながら実力を高め合い,また一人ひとりの学習課題に対応していくために,1クラス15名を上限として習熟度別にクラスを編成し,全国模試や定期テストの成績によってクラス分けを実施しています。開講クラスは次の通りです。

1.特進クラス(鳥取駅南校)
定期テスト常時400点(各教科平均80点)以上,また塾内模試で偏差値56以上をクリアしている者を対象とするクラス。教科書レベルの内容で取りこぼしをしない学習能力(集中力や注意力,問題全体を俯瞰する力など)を高め,入試問題レベルの発展的内容に取り組むなかで,鳥取西高や鳥取東高に進学するための知識の習得および思考力の養成を図ります。入塾時に、選考テストを実施します。

2.選抜クラス(鳥取駅南校・田島校・湖山校) ※鳥取駅南校は中学1・2年生のみ

定期テスト各回の平均が300点(各教科平均60点)以上,また塾内模試で偏差値48以上の成績を収める者を対象とするクラス。塾での学習は,基本的には学校授業の予習になりますが,特に演習量の確保が必要な単元では,学校の授業時数より多くの時間を取って練習することがあります。各単元では,基礎的な内容を重視し,パターン演習に時間をかけることによって定期テスト400点以上をクリアするための「勉強のやり方」を身につけます。

こうしたクラス分けは,「上位クラスに進みたい」「もっと高得点をねらいたい」など積極性や向上心を喚起し,1点の差で合否が決する受験競争に立ち向かう姿勢を育てることもねらいとしています。

勉強をがんばっている子をサポートする『ぜんまる』

「ぜんまる」とは,授業終了後に設けている,自発的な質問や居残り勉強でぜんまるにしてから帰りたい」「わからないところをなくしたい」と思う生徒のための学習時間です。
塾で勉強する意味は,受け身の姿勢ではなく問題意識をもって授業に参加し,自ら進んでわからなかったことを質問したり,自分の意志でできなかったところをやり直したりすることにあります。なぜなら自分から「ビー・ゼミで勉強したい」と望んで入塾しているはずだからです。

進学塾 Beeゼミナールは,高い目標を設定して努力している子に,より高いレベルの学習環境を提供したいと考えています。学校の授業では物足りない子,なりたい自分を持っている子は,もっともっと自己を成長させる可能性を秘めています。がんばっている子をもっと伸ばしたいとの思いのもと,講師一同全力で指導にあたっています。

本人が「できる」「やりたい」と言わないかぎり,入塾は認めません。

進学塾Beeゼミナールは開塾当初から,勉強をがんばりたい子どもたちにしっかりと応える塾でありたいと思っています。「鳥取西高・鳥取東高合格から大学進学」をめざす塾ですから,指導が厳しくなるときもあります。本人に勉強をがんばる意思がないのに,あるいは大学進学などこれっぽっちも考えていないのに,親から「行け!」と言われて嫌々ながら通わされても,絶対に成績は伸びません。また,定期テストに向けて計画的に学校のワークや自学に取り組めていないのに,不完全な学校の勉強にプラスして,塾での勉強や宿題をさせることは本末転倒であると考えます。
そのため,下記の入塾基準を満たす場合にのみ,入塾を許可します。また,在塾生であっても,これらの基準を満たせなくなった場合には,保護者に退塾もしくは学校中心の勉強ができる個別指導への転部を進言します。


〜入塾基準〜

1.大学進学を希望し,鳥取西高・鳥取東高など県内進学校上位合格をめざす者。
2.上記の県内進学校上位合格のために,宿題は当然のこととして学習に対するいかなる努力も惜しまない者。
3.通知票の評定が5教科各々「3」以上であること。また,定期テストの5教科合計が300点以上であること。
4.進学塾Beeゼミナールのこれまでに述べた指導方針に賛同し,下記の「学習心得」を順守する者。

〜学習心得〜

@講師の話は顔を上げて聴き,授業で「これがわかったぞ」「これを覚えたぞ」とおうちの人に帰ってから伝えること。
帰宅したら頭に何も残っていなかったというようなことでは,授業を受けても学習効果はありません。
A@のために授業中は私語厳禁,最低30分集中力を持続させること。
 授業を大切にしない生徒で成績を伸ばした生徒を知りません。授業で少しでも多く覚えるように心がけましょう。
Bわかった内容や覚えた事柄をしっかりと頭の中に残すために必ず宿題をすること。
反復練習をすることで記憶は定着されますので,くり返し練習しないと力は絶対につきません。
C宿題をして頭の中に根づかせたことを,小テストを通してしっかりと再現できること。
小テストに自信をもって取り組め,合格できれば,力がついたという証しになります。
D学校の自学やワークは自分のペースでコツコツと進めること。
学校の自学も塾の宿題もどちらもバランスよくできるようになると,力は自然とついてきます。塾の授業でも,定期テスト2,3週間前から学校のワーク・チェックを行い,選抜クラスではテスト前に重点対策も実施します。


鳥西・鳥東トップクラスから国立大現役合格を目指す

入塾時に受験していただく選抜テストの合格者のみのクラス編成となっています。中学部の講師だけでなく高校部の講師も授業に入ることで、今後に活かされる考え方や解き方を見につけていきます。また、多くの目で生徒1人1人の状況を把握し、苦手分野の克服だけでなく、得意分野のさらなる向上を目指していきます。

嫌いな科目は好きに、好きな科目は得意に。

・自分だけの授業スタイル
「特訓コース(数学・英語)」とは,平日クラスが週2日の通塾が必要な《予習》中心型の授業であるのに対して,前学年の入試頻出単元から学び直す《復習》、苦手分野の克服だけでなく、得意科目の応用問題などに取り組むこともできます。

中学生で特に多いのが、定期テスト前に学校課題が多く残ってしまい提出するために仕上げる生徒です。どの科目にも当てはまることですが、「どれだけ1つのテキストをやり込むか!」これが学力アップの基本です。週に1回学校で習った部分まで行い、分からない問題は質問する、など自分で課題を持ちこんで解く時間にすることももちろん可能です。周りよりも少しでも先に行うことで、定期テストの結果も必ず変化していきます。

中学3年生は、学習の先取りや応用問題への挑戦だけでなく、前学年の単元に戻って苦手分野の復習にあてていただくことも可能です。 中学1・2年生は、「塾や学校よりもっと先に進みたい」と考えている生徒にも対応しています。自分に合わせたカリキュラムで、進めていくことが可能です。